グルテンフリーとは? おすすめレシピのご紹介

目次

1.グルテンフリーとは

グルテンフリーとは、グルテンを含む食品を摂取しない食生活のことです。

グルテン(gluten)とは、小麦や大麦に含まれるタンパク質のことです。つまり、グルテンフリーとは、パンやパスタ、小麦粉を 使うお菓子やシリアルを避け、食べる場合は、豆麺、米粉のパンやパスタに置き換えることを差します。最近は、海外の著名人らがグルテンフリー食品を食生活に取り入れ、美と健康に役立てていることなどが話題となったことで、認知度が一気に広がり、健康意識の高い消費者を中心に幅広い層からの支持を得ています。

2.2025年に向けて拡大するグルテンフリー食品市場

世界のグルテンフリー市場はアメリカや欧州を中心に拡大しており、2024年には約100億USドルに達する見込み。市場は麦類に含まれるグルテンによるアレルギーやセリアック病、グルテン過敏症等に対するニーズで形成されている。その一方で、これまでの患者食としての位置づけだけでなく、近年では健康に良い食品という認識で購入する消費者も増加していると考えられる。

出典:日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)

3.アメリカ・欧州のグルテンフリー市場

アメリカでは5年ほど前から火がつき、グルテンフリーの食材やレストランの数も豊富にあり、人々にもかなり浸透しています。
一方、フランスでは、一般的なスーパーでも購入することができるほど広がり、パリではおしゃれなグルテンフリーレストランが次々に登場しています。

4.日本食はグルテンフリー食品として人気

たとえば「しらたき」は、欧州の一部の地域でパスタの代用品として利用されている。低カロリーかつグルテンフリーの食品というのが 人気の理由です。大福などの米粉加工品の和菓子も英国では同様にグルテンフリーとして好まれています。小麦粉の代わりに米粉やじゃがいもなどで代用していることが多く、トウモロコシやそば、豆、タピオカもグルテンフリー。海外ではすでに浸透している食習慣です。

5.日本でも拡大するグルテンフリー市場

日本でも消費者ニーズを踏まえ、グルテンフリーの商品が次々と開発されている。令和3年度も新たな商品の開発が進んでいる。大手スーパーにもグルテンフリーコーナーが設けられたり、グルテンフリー商品を求める顧客ニーズもあると考えられる。
海外だけでなく、日本でもおしゃれなグルテンフリーレストランも展開されています。

6.ZENBのグルテンフリー商品の紹介

グルテンフリー、動物性原料不使用 さらに 添加物に頼らない味づくりをしたZENBの商品をご紹介します。

ZENBは、“自然の恵みを無駄なく、素直においしさに変えていきたい。” そんな想いを形にしたら、豆だけでつくったゼンブヌードルにたどり着きました。ふと、また食べたくなる麺、それがグルテンフリーのゼンブヌードルです。

「豆100%なのに、驚きのおいしさ ゼンブヌードル8食(2袋)」

ほのかな豆の旨みにもちっとした食感。ホテルニューオータニの一流シェフも認める驚きのおいしさ。パスタ、焼きそばに和え麺など。料理を選ばず、自分好みにいつでも楽しめる豆100%麺。

「こだわり野菜ソースをかけて手作り感のあるおいしさを愉しむ ゼンブヌードルソース4食セット」

野菜本来のおいしさを活かしたこだわりのソースを、豆100%ゼンブヌードルにかければ、素材の味わいを大事にした、まるで手作りの味わいを愉しむことができます。豆100%ゼンブヌードルに、ソースをかけて食べても1食あたり500kcal以下。

「豆の栄養とおいしさを余すところなく愉しむ ゼンブスープヌードル4食セット」

ゼンブヌードルのゆで汁に溶け出した豆の旨みと栄養を余すところなく、おいしく味わうことができるスープヌードル。コク深いのに、いつものラーメンと比べて塩分控えめ、さらに動物性原料不使用。
※カップラーメン・インスタント麺の主要銘柄の麺とスープの塩分量と比べて

7.グルテンフリーのレシピ

豆100%ゼンブヌードルを使えば、小麦でできた食材の代名詞ともいえるパスタなどを使った麺料理も手軽にお楽しみいただけます。和洋中どんな麺料理にも合うので、自由にアレンジしていただけます。毎日の献立にお役立ていただけるゼンブヌードルを使ったグルテンフリーレシピをご紹介します。

グルテンフリー きのこのベジクリームソースパスタの究極の作り方

乳製品不使用、風味豊かな2種類のきのこを使った、「きのこベジクリーム」ソースをかければ、手軽にまろやかでコクがあるクリームソースパスタをお楽しみいただけます。

グルテンフリー トマトパスタ

トマトソースはカットトマトだけでもできますが、フレッシュなトマトを加えると、フレッシュな香りが加わってより美味しく仕上がります。煮詰める時間を長くすると、旨味が凝縮してより美味しいソースになります。豆の旨みとも相性抜群

グルテンフリー アボカドのサラダパスタ

ゼンブヌードルは、ゆでた後に流水でしめるとプリっとした食感に。麺と野菜を合わせて、お好みのドレッシングで和えれば、サラダ感覚で食べられます。夏の暑い日、さっぱりするものを食べたいときにオススメです。

グルテンフリー 料理家考案たっぷりしらすとマッシュルームのレモンパスタ

彩り豊かな料理がInstagramで人気を博し、大手企業コラボのレシピ開発や雑誌のフードスタイリングなど「食」を起点にした多彩な活躍をされる 寺井幸也さん考案レシピ。ポイントはレモンを具材としても使うところ。果汁だけでなく、ほんのり苦味と香りをダイレクトに感じられレモン感を増しています!しらすは大胆にたっぷり入れると幸福感UPです。

8.まとめ

グルテンフリーに関する商品や情報が増え、スーパーやコンビニでも手に入れやすくなってきていますが、グルテンフリーで添加物に頼らない味づくりをしている商品を探すのは難しいと思います。ゼンブヌードルを生活に取り入れ、おいしいとカラダにいい食生活をお届けできればと思います。

出典元

農林水産省 組織におけるグルテンフリー表示に係る調査について
https://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/komeko/attach/pdf/index-63.pdf

日本米粉協会 令和3年度米粉市場最新動向報告
https://www.komeko.org/wp-content/themes/komeko/pdf/2020/201218/201218_pr2.2_komeko.pdf

日本米粉協会「第2回ノングルテン米粉の製造と同加工品普及講習会」
https://www.jacom.or.jp/kome/news/2020/10/201029-47415.php

農林水産省 米粉によるグルテンフリー食品市場の取り込みに向けて
https://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/syokuryo/210226/attach/pdf/index-10.pdf

独立行政法人 農畜産業振興機構
https://www.alic.go.jp/joho-s/joho07_001439.html